ひとめぼれのあとに


「ひとめぼれのあとに」
1年ほど前に作った曲になります。当時のわたしは、よくジャズセッションによく参加していました。
たまたま参加したイベントにジャズマンの方がいて、そのときに誘っていただいたことがきっかけです。
ジャズの曲は1曲も知らなかったのですが、一生懸命頑張って覚えて参加したりしていました。
ジャズセッションはとくに不思議なものだと思います。
即興演奏です。ジャズスタンダートからやりたい曲をチョイスしたり、楽譜を持ち寄ってその場で演奏します。
演奏する場所はジャズバーが多いです。
はじめて訪れるお店の場合、一緒に演奏してくださる人がいったいどんな人かわかりません。
しかし、そんな初対面の人と演奏を聴いたり、いきなり一緒に演奏したりするのです。
どんな相手なのかわからないのですが、一緒に演奏をしたときに、よく「なんて素敵な演奏なんだろう」とうっとりすることがよくありました。
「また聞きたいなぁ」と強く思ったりします。
そういった、誰かの演奏を聴いて心がドキドキしたり、「もっと演奏したい!」という気持ちをいつまでも忘れないようにしたいという思いを込めて作りました。

演奏後、軽くお話したら「あれ?演奏の時と全然違う」(笑)と思うことが多々あるんですけどね。